北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス

生命機能 物質・デバイス・システム

プロジェクトグループ

グループ長:居城 邦治教授  企画・推進リーダー:根本 知己教授

研究概要

先端的な光イメージング・分子構造解析などの計測法と、数理科学・情報科学的な方法論により、世界を先導する生命機能の解析基盤技術を創出する。さらに生命機能情報の活用と生体分子や機能性材料の合成の相補的な技術展開により、21世紀のライフイノベーションに資する新しい材料やデバイスの開発や創製を目指す。

Member/Theme

〈グループ長〉 居城 邦治 教授 (電子研) 「生体模倣による自己組織化ナノファブリケーション技術の開発」
〈企画・推進リーダー〉 根本 知己 教授 (電子研) 「先端的な光イメージング法の開発と脳・神経系、分泌の細胞生理」
〈副リーダー〉 西野 吉則 教授 (電子研) 「コヒーレント X線を用いた物質深部のナノ構造解析」
〈副リーダー(主)〉 和田 健彦 教授 (多元研) 「生命化学に基づく安全・安心医薬材料創製」
〈副リーダー(副)〉 高橋 正彦 教授 (多元研) 「物質内電子運動の可視化法の開発と分子機能の起源の解明」
〈副リーダー〉 久堀 徹 教授 (化生研) 「光合成タンパク質の機能制御機構の新規解析技術の開発」
〈副リーダー〉 西野 邦彦 教授 (産研) 「細菌薬剤抵抗性制御機構解明と新規治療法開発」
〈副リーダー〉 田中 賢 教授 (先導研) 「生体適合性に優れた診断・治療用ソフトバイオマテリアルの設計」

参加メンバーはこちら