北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス

新着情報

【11/29】多元物質科学研究所放射光産学連携準備室 第1回ワークショップ「次世代放射光が拓く多元物質科学の先端」(東北大学多元研)

2018.11.01 イベント

多元物質科学研究所 放射光産学連携準備室
第1回ワークショップ「次世代放射光が拓く多元物質科学の先端」  


 東北大学青葉山新キャンパスへの建設準備が進む「次世代放射光施設」の大きな特徴である低エミッタンス光源は、その利用により新しいサイエンスケースへの活用の拡大と分野融合の加速が期待されています。多元物質科学研究所は、多様なサイエンス分野を計測分野に加えてカバーし、「次世代放射光活用の革新」の揺籃となるべく、東北放射光計画策定から深く関わり、利活用分野開拓を牽引してきました。そこで、今年、産学連携の観点で利活用をより具体化するために『放射光産学連携準備室』を、研究所内に設置しました。  
 本ワークショップは、「次世代」が革新する放射光活用サイエンスの開拓をリードし産学連携も視野に入れたコンセプトを構築するための検討成果を報告し、学内での議論を活性化する環境醸成を目的として開催いたします。

日時:11月29日 13:00-17:40
場所:東北大学片平キャンパス・多元物質科学研究所・南総合研究棟2・1階大会議室

※下記フォームより事前にお申し込みください。



プログラム:
13:00 開会挨拶福山博之(東北大多元研 放射光産学連携準備室室長)
13:10 次世代放射光で期待される光源性能とその活用為則雄祐(東北大多研/JASRI)
13:40 産産学融合のための利活用システム真木祥千子(東北大多元研)
14:00 蓄電池開発を加速する可視化技術雨澤浩史(東北大多元研)
14:20 次世代放射光が拓くスピントロニクス研究の展望水口将輝(東北大金研)
14:50 オペランドナノX線分光の利用を特徴とする産官学連携次世代デバイス研究開発吹留博一(東北大通研) 
 ー 休憩 15分 ー
15:35 次世代放射光施設に向けた線形応答高感度高飽和軟X線検出CMOSイメージセンサの開発
     須川成利(東北大工学研究科/NICHe) 
16:05 次世代放射光による生命科学研究の新展開渡部聡 (東北大多元研) 
16:25 農学分野への応用が期待される革新的イメージング技術原田昌彦(東北大農学研究科)
16:55 位相コントラストX線イメージングによる生体内流動の可視化菊地謙次(東北大工学研究科)
17:25 閉会挨拶高田昌樹(東北大総長特別補佐/多元研)
17:40~ 意見交換会(申込制、会費2,000円予定)

主催:多元物質科学研究所・放射光産学連携準備室
共催:物質・デバイス領域共同研究拠点
   人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス

参加申込方法:
WEB申込フォームにて、事前にお申し込みください。
〆切|11月26日(月)

問合せ先:
東北大学多元物質科学研究所(世話人:虻川、蟹江、江島)
TEL:022−217−5364, E-mail: abukawa[at]tohoku.ac.jp