北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス

新着情報

生体組織の乾燥とブレを防ぎ、高解像度でのイメージングを実現する、新発想の観察試料作成技術「撥水性超薄膜ラッピング法」を確立

2017.08.21 成果

東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター准教授の岡村 陽介ならびに国立大学法人北海道大学電子科学研究所教授の根本 知己を中心とする研究グループは、生体組織の乾燥とブレを防ぎつつ、高解像度でのイメージングを実現する、新しい発想の観察試料作成技術「撥水性超薄膜ラッピング法」を確立しました。これにより、研究者の経験やノウハウに頼る部分が大きかった生体組織の観察試料作成が標準化できることを示しました。本研究成果は「物質・デバイス領域共同研究拠点」における基盤共同研究(平成28年度)、展開共同研究A(平成29年度)等を受けて実施されたものです。
なお、本研究成果は、2017年8月11日(金)(ドイツ時間)に、ドイツの学術雑誌『Advanced Materials』(DOI:10.1002/adma.201703139, IF:19.791)に掲載されました。
【本件に関するお問い合わせ】
東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター 岡村 陽介 TEL:0463-58-1211(代表)
国立大学法人北海道大学電子科学研究所  根本 知己 TEL:011-706-9362


関連リンク:
東海大学ウェブサイト
プレスリリース本文(PDF)