北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス

新着情報

東京工業大学のアルブレヒト建助教、山元公寿教授らによる研究成果が化学工業日報に掲載されました。

2018.06.05 成果

東京工業大学のアルブレヒト建助教、山元公寿教授らによる研究成果が化学工業日報に掲載されました。

・化学工業日報 第6面 2018年年3月13日

東京工業大学 化学生命科学研究所のアルブレヒト建助教、山元公寿教授らは共同研究により、溶媒蒸気や気体分子などの識別に応用できる新しい分子識別材料の作成に成功しました。本研究成果は、2018年2月16日付の "Chemical Communications" に掲載され、2018年2月20日付で、東京工業大学からプレスリリースされました。

論文情報:
「A fluorescent microporous crystalline dendrimer discriminates vapour molecules」
(蒸気分子を識別可能な発光性多孔質デンドリマー結晶)
Sae Nakajima、Ken Albrecht、Soh Kushida、Eiji Nishibori、Takashi Kitao、Takashi Uemura、Kimihisa Yamamoto、Uwe H. F. Bunz、Yohei Yamamoto
Chemical Communications
2018年02月16日
doi: 10.1039/C7CC09342J

関連リンク:
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所